上京エンジニアのお話

田舎から上京してエンジニアとして活躍する毎日を綴ります

変数の値の出力(PHPとPerlの比較)

変数出力

新しい言語を始めて言語を習得していく上で必要な変数出力について少し書いていきます。
今までPHPをメインに書いていたので、Perlと比較してみます。
まずはPHPはこんな感じ。

文字列

$str = 'hoge';
var_dump($str);
string(4) "hoge"

配列

$array = ('hoge', 'bar', 'foo');
var_dump($array);
array(3) {
  [0]=>
  string(4) "hoge"
  [1]=>
  string(3) "bar"
  [2]=>
  string(3) "foo"
}

一方Perlではこんな感じ。

文字列

my $str = 'hoge';
use Data::Dumper;
warn Dumper $str;
$VAR1 = 'hoge';

配列

my @array = ('hoge', 'bar', 'foo');
use Data::Dumper;
warn Dumper @array;
$VAR1 = 'hoge';
$VAR2 = 'bar';
$VAR3 = 'foo';

簡単ですね。
慣れの問題だと思いますが、ただPHPの方が見やすい気がします。。